プロフェッショナルにはネイリスト検定が必須|高い技術力の解禁

美容のプロになりたい

女性

美容に関する仕事に就きたいと考えた場合、個人で目指すよりも美容学校で専門の知識や資格を取得する方が良いと言えます。美容学校には様々なコースが存在しています。その中にはヘアデザイン科やブライダル科があります。ヘアデザイン科では髪に関する知識を学びヘアデザインに必要なテクニックを学ぶ事が出来ます。さらに美容師資格の取得を目指した授業内容になっています。その為卒業後多くの卒業生が美容室への就職が内定します。ブライダル科ではウェディングに関する知識と技術を学ぶ事が出来ます。ウェディングに必要な和装の着付けや洋装の着付け、フラワーアレンジメントやブライダルフォト、さらには冠婚葬祭に必要な作法などを学びウェディングのプロを目指します。ウェディング科では着付け師の資格を取得できるので多くの卒業生が美容室やウェディング会社へ就職する事が出来ます。その他にも美容学校ではエステ科やメイク科が存在しています。エステではフェイシャルエステやハンドマッサージのテクニックを現場のプロ講師に学ぶ事が出来ます。経営学や化粧品に関する知識を学ぶ事で卒業後はエステティシャンとして働く事ができます。美容学校ではアロマテラピーやリンパドレナージュを学ぶ事が出来るのでマッサージ師としても活躍出来ます。メイク科ではメイクアップアーティストに必要なテクニックや知識を学びます。有名コスメメーカーへの就職や雑誌専属のメイクアップアーティストになる事も出来ます。